クレジット審査なしで個人事業主や新会社も作りやすい

給油専用法人カード

自動車を事業で使う会社にとって、営業車やトラック、
業務で使うすべての社用車のガソリンや軽油等の
燃料費用に関する悩みは深刻です。

 

高速情報協同組合のガソリンカード高速情報協同組合のガソリンカード

 

法人向けのビジネスクレジットカードは、
その発行に審査を伴うため、個人事業主や自営業、
中小零細企業で経営実績がままならない会社や、
創業してすぐの会社、あるいは会社設立間もない段階の
会社ではカード審査が通るか分からず、
泣く泣く現金払いする事業者も少なからずいるはずです。

 

また従業員に業務用ガソリンカードを渡して、社用車のガソリンや軽油代だけを精算させようとしても、
従業員の独断での他用途へのカード使用のリスクもあり、なかなか発行に踏み切れない経営者の方もいるのではないでしょうか。
そこで紹介したいのが、法人向け給油専用カード。
法人給油専用カードでどんなことができるのか、どうやって発行すればいいのかなどを見てみましょう。

 

給油専用カードってなに?

給油専用カードとは、ガソリンスタンドでガソリン・軽油の給油の支払いだけに使えるカードのことです。
クレジット機能が付いていないため、ガソリン矢軽油などの燃料を社用車に給油する用途にだけ活用できて、
ガソリンスタンドでの燃料コストにかかった決済を後払いにすることができます。

 

洗車、バッテリー交換などガソリンスタンドで行っている関連サービスに活用することすらできません。
あくまで「給油」に特化して現金がなくても給油できるようにする目的特化型のカードと考えてください。

 

クレジット機能をつけないガソリンカードということで、開業間もない事業者の方が検討できるところも大きな特長です。
現金がなくても給油を行うことができるため、従業員が業務用車両のガソリン・軽油代を立て替える必要がありません。

 

クレジット機能がついていないとは言え、ガソリン代を後払いにしてくれるサービスですから、
月末締めの翌月末日払いでまとめて請求が来ますので、
燃料経費として使った分の料金が、いつどこでどれ位のお金が支払われたか、
その使用したカードの明細上で一目で確認できる上、
大量のレシート整理が不要になり、経理上の負担が大きく軽減されます。

高速情報協同組合のガソリンカードは給油専用

高速情報協同組合のガソリンカード

高速情報協同組合が発行しているガソリンカードには、
クレジット機能がついていません。

 

高速情報協同組合とは、中小企業をいろいろな面からサポートして
円滑な経営を後押しする目的で作られた仕組みです。

 

ガソリンカード発行に際して、一定の審査は入りますが
クレジット機能に関するチェックがない分だけ発行しやすくて、
開業間もない事業者でも発行できることが大きなメリットです。

 

ガソリンカードの発行は組合加入が条件であり、出資金1万円だけ必要です。
何枚発行しても1万円だけで済む決まりなので、大きな負担にはなりません。

 

しかも、カードがいらなくなって脱退する場合には、出資金1万円はそのまま返還してくれる仕組み。
実質無料で利便性が高いカードを発行できる良心的な組織と言えます。

高速情報協同組合ガソリンカードの申込詳細

カード発行を希望する場合、必要書類を準備します。

 

高速情報協同組合給油専用カード申込ページ高速情報協同組合給油専用カード申込ページで、
資本金、従業員数など基本的な項目の他、
月額利用予定額とカード枚数を記載のうえ、
インターネット経由で申し込みを済ませてください。(FAXも可)

 

用意する書類として、

  • 履歴事項全部証明書
  • 代表者の運転免許証コピー
  • 登録用の車検証コピー

が必要です。
個人事業主の場合は、確定申告書のコピーで履歴事項全部証明書を代用します。
郵送されてきた申込書にこれらの書類を添付して返送、
出資金1万円を支払うだけで手続きは全て完了。

 

発行スピードが早くて、煩わしい手続きなしで発行できるので、
忙しい経営者にとって気軽なカードと言えるでしょう。

給油専用カードのメリット

クレジット機能がつかない法人給油専用カードを活用するとどんなメリットがあるのか、
期待される効果について詳しく紹介していきます。

年会費・発行手数料が完全無料

継続コストが積み重なると軽視できない金額にもなりがちですが、
法人給油専用カードの場合は完全無料で導入できます。

 

カードを発行するために手数料がかかったり年会費がかさんだりする心配がありませんから
、利用頻度が高くない事業者の方も使えるサービスです。

 

運営がうまくいくか不安な場合も「とりあえずお試しで導入しよう」という決断ができる為、
心理的抵抗が少なくなります。何枚発行しても手数料はかからないため、
複数社員分を一気に作りたいときの費用負担を軽減できる仕組みです。

従業員に安心して渡せる

ガソリン・給油にしか使えないカードなので、従業員に渡す場合も安心です。
使用車両台数にあわせて複数枚の発行もできますから、
必要な分だけ用意して各自に持たせる仕組みが可能。

 

カード決済を会社の口座で行うことで精算する手間もなく、
社員の立て替え払いに対する不満を解消できます。

 

遠方まで自動車で出向く業種であれば、
毎回の出費は軽視できない金額になるもの。

 

これを社員の立て替えにするのは、酷な対応にも感じるでしょう。
給油専用カードを渡しておけば、社員の現金持ち出し無しで
社用車のガソリンスタンドでの給油に対処できるようになるので、
社員の立場で考えた場合も安心です。

車両番号ごとの管理ができる

法人給油専用カードで決済すると、
利用日時やガソリンスタンド、車両番号を一覧できる仕組みです。
どの従業員がいつどこでどのくらい給油したのか
すぐに確認できるため、勤怠管理にも役立ちます。

 

経理担当者が大量のレシートを整理するのは大変ですが、
一覧できる明細スタイルで毎月提示されることで、
処理時間を短縮可能。毎月の処理に手間取ることがなくなって
間違いも起こりにくい仕組みだから、管理部門の残業防止に一役買います。

全国どこでも均一価格で給油できる

ガソリンの輸送コストの影響などで、地域によって給油価格は異なってきます。
出張でどこかに行く度に現地の価格を気にするのは面倒ですが、
法人給油専用カードを活用すれば統一価格で処理可能。

 

「ここで給油すると高いからあらかじめ多めに入れておこう」など、
社員に余計な気遣いをさせる心配もなく、どこでも自由に給油できます。

車両限定なし、レンタカーでも利用可能

車両の限定がないカードなので、レンタカーの給油にも使えます。
業務上、大型車両などを一時的にレンタカー会社で借りた場合でも、
その車両への給油代金の支払いに対応できますので便利です。

 

入ったばかりの新人社員にクレジット機能がついたガソリンカードを使わせるのは不安がともないますが、
給油にしか使えないタイプなら安心でしょう。
会社の様々な業務上の事情にもしっかり対応できるところは便利で、かゆいところに手が届く、非常に魅力的なサービスです。

 

メリットがたくさんあるカードではありますが、
デメリットになるポイントをあげるとしたら完全なる個人では発行できないこと。
中小企業の経営者、個人事業者をサポートしていくためだけのカードですから、該当しない方の利用はできません。
個人で申し込みをしても書類提出段階でお断りが入り、サービス利用できないのでご注意ください。

エネオス(ENEOS)・出光から選択可能

法人給油専用カードは、エネオス(ENEOS)・出光の2種類から好きなほうを選択して発行します。
全国にスタンドがあって店舗数が多いエネオス(ENEOS)は、出張が多い業種におすすめ。
その分、発行スピードは出光に劣るとも言われますから、会社の状況に適したほうを選択しましょう。
最寄りスタンドがどちらにあたるか考えて種類を決めるのも賢いやり方。
重複発行することができないので、使い勝手で選んでください。

給油専用でシンプルな機能だからこそ使いやすい

ホテルの優待利用、ポイント還元などあらゆる機能がついた
一般的な法人クレジットカードや法人向けガソリンカードは便利なようにも感じますが、
全ての社員が持つ必要があるかは疑問です。

 

いろいろな機能がついているほど不正利用を細かくチェックしていく必要があって、
経営者の気苦労を増やす要素にもなりえます。
カードの利用がかさむほど決済に向けた資金準備など考えることも増えるため、
少人数で経営している組織にとっては負担が重く感じるものです。
原則的には給油にしかカード決済を行わない、と決めてしまえば、考えることが少なくなります。
社員に渡すときの心理的な障壁も低く、万が一のことが起こったときも迅速に対処できるでしょう。
ガソリン代として毎月いくらの支出があるのか予想できると、資金準備もスムーズです。
あえてシンプルな機能にとどめることで経営上のリスクを軽減してくれる良心的なカードと考えられます。

開業直後は一般的な法人カードが作りにくい

一般的なクレジットカードを作るにあたって、個人の信用力調査が入ります。
収入見込みや借入状況、返済遅延などの有無を調べて、
いくらまでなら貸していいのか、そもそもカード利用させて大丈夫なのかを見るためです。
法人カードにしても同じことが言えるため、開業直後の実績がない状態ではなかなか発行できないのが通常。
2期分の決算書を用意するなど障壁が重くて、申し込みにいたるまでも面倒です。
申し込みをしたところで経営がうまくいっていない状況では審査落ちになってしまう可能性が高くて、カード発行を諦める経営者もたくさんいます。

ガソリン経費精算にカードはなぜ必要?

個人で事業を行っている方の場合、法人カードはいらないように感じることもあるでしょう。
自分のお金を使って立て替え払いを行い、法人口座から返してもらえばいいようにも感じます。
このやり方を続けているとどこまでが自分のお金か不明瞭になりやすく、
法人・個人の区別がつかなくなってしまうところがネックです。
会社のお金を私的に使うことは経営者であっても許されず、税務署や金融機関の印象に関わります。

 

ガソリン代くらいのお金とは言え公私の区別を徹底するのがビジネスの基本であり、経営者としての責任です。
この線引きをサポートしてくれるのが法人カードであって、経営を円滑に進める手段と考えてください。

法人給油専用カードでスピーディーな経営を

ガソリンを入れるためだけに経費精算用紙を用意して、上司の許可をもらう。
どこでどんな用途に使ったのか細かく書類に書き写して経理に提出、
レシートをチェックしながら間違いがないことを1つずつ確認していく。

 

ガソリンスタンドに行く度にこんなにたくさんの業務が発生しては、仕事がスムーズに進みません。
だからといって管理をいい加減にしてしまうと、従業員の使い込みが不安です。
私的に経費を使い込むトラブルは意外に多くて、経営を圧迫する要素になりかねません。
法人給油専用カードを使えば、あらゆる不安やストレスを解消できて、スピーディーな経営が実現します。
経費を見える化することにより社員の考え方も変わって、会社の管理体制が改善される状況こそ理想でしょう。

 

何枚作ってもコストがかかるものではなく、ビジネスを円滑に進める要素になります。
高速情報協同組合では法人ETCカードも発行していますから、一緒に発行を検討するのもおすすめ。
車に関する悩みを一気に解消してくれて、経営を後押しする便利なツールとして活用ください。